お盆やお彼岸に人気の花

草むしり

日当たりの良い場所が大切

キクはガーデニングや農業などでよく栽培されている花です。この育て方は一般的な知識を持っていればそれほど難しくはありません。初心者の場合は小キクや中キクを育てることをおすすめします。大キクの育て方はこれらより比較的難しく手間がかかります。これを育てたいならある程度キク作りに慣れてから始めると良いでしょう。キクの育て方は鉢植えと地植えのどちらでも行えます。日当たりの良い場所を選んで育てることが必要です。水はけが悪く湿気の多い場所は生育には不向きです。鉢植えの場合の土は赤玉土と腐葉土を混ぜたものを使います。またキク専用の培養土などを利用することもできます。地植えの場合は培養土に入れ替えるか腐葉土を混ぜると良いでしょう。水やりは土の表面が乾いた時に行うようにします。水をたくさん与えすぎると生育が悪くなりひどい場合は根腐れを起こすこともあります。夏は朝夕2回水やりが必要ですが、冬になれば週に数回程度でも十分です。生育をよくするために乾燥肥料などを定期的に与えることも必要です。これが少ないと花つきも悪くなります。花が咲き終わったら株元から数センチ程度で剪定するのも育て方では大切です。これで次の年も綺麗な花を咲かせることができます。キクにはカビなどの伝染病やアブラムシやダニなどの害虫が発生することがあります。これを防ぐには殺菌剤や殺虫剤、防ダニ剤などを定期的に散布することが必要です。また早めに発見するために毎日きちんと観察しましょう。